防具の価格

剣道は、競技として行なうには様々な防具を揃えなければいけないことから、お金のかかるスポーツと言われています。
竹刀や剣道着は比較的安く購入することができますが、防具に関しては1つ数万円する場合もあります。
防具には面、小手、胴、垂の4種類ありますが、特に高価とされているのが面で、高いものであれば5万円以上するものもあります。
小手に関しては剣道具専門店でも、比較的1万円前後で購入することができます。
胴や垂は3万円前後だといわれています。これは、高校生以上や一般が使用する防具の価格ですが、小学生や中学生などになるとサイズが小さくなる分安い値段で購入できます。
子供で剣道を始める際には上級生が使用しなくなったお下がりをもらうこともあります。
防具だけだと10万前後で購入することができますが、剣道は防具だけではなく、竹刀や竹刀袋、防具袋や綿タオルなど様々な用具を必要とします。一式揃えるときは倍の値段になると考えておくとよいです。

防具は基本的には剣道具を取り扱う専門店で購入しますが、今ではネット販売もされています。
ネットの場合であれば実店舗よりも非常に安価な値段で購入することができます。
安価だから質が悪いとうわけではなく、実店舗を構えていない分安く購入できるということになります。
ネットであれば、防具4点を一式5万円以内で購入することができます。
しかし、ネットで購入する場合だと、確かに価格はお手頃ですが、現物がどのようなものなのか確認することができません。
ネットで購入したあとにサイズが合わなかった、思っていたのとデザインが違ったというようなことが内容に気をつける必要があります。